皆さんは食生活や生活習慣を日常的に気にかけていますか?何も気にせず過ごしていると、血糖値がとんでもない数値になっているかもしれません。血糖値や血圧などの情報は定期的に計っておくことが健康体への秘訣です。糖尿病は様々な合併症を引き起こす可能性があるので、事前に糖尿病の症状についてや自分の血糖値を調べてみましょう。

病院のベッドとたくさんの薬の瓶
  • ホーム
  • 糖尿病になるのは遺伝が関係しているの?

糖尿病になるのは遺伝が関係しているの?

様々な薬

生活習慣病の一つである糖尿病は遺伝が関係していると言われていますが、その実態は真実なのでしょうか。
今回は、糖尿病の遺伝性について詳しく解説していきます。
そもそも家族に糖尿病の人がいると、必ずしもその子供が糖尿病になるわけではありません。
遺伝と言っても、なりやすい体質が似ているので注意が必要ではありますが、絶対に発症するものではないからです。

家族が肥満になりやすい家系であったり、糖質を好んで良く食べるなどの状況があれば発症する可能性はとても高いかもしれません。
このような家系で生活を送っている場合、気づかないうちに嗜好が似てきてしまいます。
肥満になりやすいことがわかっているのに、食事に気を遣わずに過ごしてきてしまえば、当たり前ですが発症のリスクは高まるでしょう。

また、家族だからと言っても血縁関係がない場合には関係ありません。
祖父母が罹患者である場合には孫世代に遺伝が強く出ることがありますので注意しておくことが大切です。
糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンホルモンが減少し、摂取した食事をエネルギーに変換することができなくなってしまう病気です。
放っておくと悪化することはあっても改善することはないと言われていますので、遺伝性が疑われる場合には食生活の見直しさや運動を生活に取り入れるなど工夫をしていくことが必要不可欠なのです。

遺伝がすべての原因ではなく、暴飲暴食を繰り返したり、ストレスフルな生活を送っていたり、運動不足である場合には家族に罹患者がいない場合でも発症するリスクはあります。
健康的な生活を送ることで予防することができる病気の一つですので、日頃から気を遣っていきましょう。
また、遺伝性が疑われる場合には、糖尿病になる可能性を視野に入れた生活を送ることで発症を避けることができます。
体質が似ていることを自覚しておくだけでも糖尿病になるリスクを減らすことができますので、気を遣うことは損ではありません。

糖尿病の治療方法について

糖尿病治療の基本は、食事療法と運動療法と言われています。
すい臓から分泌されるインスリンホルモンが減少することが糖尿病の原因ですので、正常値に戻してあげるよう働きかけていくことが必要です。
特に食事はダイレクトに影響を与えてしまいますので、血糖値が急上昇するような食事方法はやめなくてはいけません。

食事療法としては糖質の摂取を控えるように指導されることが多いようです。
糖質は急激に血糖値を上昇させてしまう食べ物ですから、量を減らすことも大切ですが食べ方を工夫をすることも大切です。

そして、インスリンホルモンの分泌量が少しでも効果を発揮できるように運動療法も必要となってきます。
運動不足だと感じている人はウォーキングやジョギングなどを生活に取り入れる工夫が必要です。
一駅前に下車し、歩いて帰宅するなど日常的に無理なく行える運動を取り入れていきましょう。

糖尿病の治療法としては上記の二つがメインとなりますが、それでも改善が見られない場合に薬剤を使用することになります。
投薬治療を行っていく場合が多いのですが、早期改善を目指すならインスリン療法を行う方が良いと判断されることもあるようです。
インスリン療法はインスリンを皮下注射する方法になります。
食事前に注射することで血糖値の急激な上昇を抑えることができますので、早くから導入する病院が増えています。
注射を自分ですることに抵抗を覚える人も多いかもしれませんが、使用する針はとても細いもので痛みはほとんどありません。

治療をしていく中で一番大切なのは、今までの生活を見直して健康的な生活にシフトしていくことにあります。
バランスの悪い食事を正すことも治療の一つなのです。

関連記事